ホテルグリーンチェーン仙台 メニュー

CLOSE

CLOSE

規約・約款・プライバシーポリシー・サイトポリシーページです。

ホテル一覧 規約・約款・プライバシーポリシー・
サイトポリシー

インターネット予約利用規約インターネット予約利用規約

インターネット予約利用規約

ホテル利用規則ホテル利用規則

ホテルの公共性とお客様の安全かつ快適なご宿泊を確保するため、下記の規則をお守りいただくことになっております。この規則をお守りいただけないときは、ご宿泊のご継続及び館内施設のご利用をお断りさせていただくこともあります。

         記
  1. (1)客室を許可なしに宿泊以外の目的にご使用にならないでください。
  2. (2)館内に外部から出前をおとりにならないでください。
  3. (3)廊下、客室内で暖房用または炊事用の火気をご使用にならないでください。
  4. (4)火災防止のため、ベッドの中、禁煙室、その他火災の発生しやすい場所で喫煙なさらないでください。
  5. (5)外来客を客室内に招いて諸設備及び諸物品を使用させたりしないでください。
  6. (6)館内及び客室内の備品をみだりに所定の場所から移動なさらないでください。
  7. (7)館内及び客室内の器具・備品の現状を許可なしに変更したり手を加えたりなさらないでください。
  8. (8)館内に次のようなものをお持込にならないでください。
    1. イ 動物、鳥類等
    2. ロ 悪臭を発するもの
    3. ハ 常識的な量をこえる物品
    4. 二 鉄砲、刀剣等
    5. ホ 火薬、揮発油の発火または引火しやすいもの
    6. ヘ その他、他の宿泊客の安全性を脅かす物件と認められるもの
  9. (9)館内及び客室内で高声、放歌または喧騒な行為等で、他のお客様に不快感をあたえたり迷惑をかけたりなさらないでください。
  10. (10)館内及び客室内でとばくや公序良俗に反する行為をなさらないでください。
  11. (11)館内で許可なしに他のお客様に広告物の配布や、物品の販売、寄付・署名を集めたりなさらないでください。
  12. (12)他のお客様に不快感をあたえたり、迷惑をおかけしたりするような疾病をおもちの方のご宿泊はお断りさせていただくことがあります。
  13. (13)廊下やロビー等に所持品を放置なさらないでください。
  14. (14)客室よりの電話には施設利用料を加算させていただきますのでご了承ください。
  15. (15)館内及び敷地内でお客様に迷惑をかけるような写真撮影は固くお断りさせていただきます。
  16. (16)ご面談はロビーでお願い致します。
  17. (17)私共は多くて(最大で)も、2昼夜の清掃不要希望をお受けするものとします。2昼夜を越えた場合は、施設管理約款に基づき、客室の衛生維持管理のため清掃を行うものとします。
  18. (18) 次に掲げる組織、個人については、私共ホテル内諸施設のご利用をお断りいたします。
    1. (a)暴力団、暴力団員、暴力団関係団体及びその関係者
    2. (b)暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体の関係者
    3. (c)反社会的団体、反社会的団体員及びその関係者
    4. (d)暴行、傷害、脅迫、恐喝、威圧的不当要求及びこれに類する行為が認められる場合
    5. (e)心神耗弱、薬物等による自己喪失などご自身の安全確保が困難であったり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがある者
    6. (f)ホテル利用規則の違反について、私共ホテルより注意を受けて直ちにその行為を止めなかった者
    7. (2)前(a)から(d)に該当する場合は、その時点以降、一切のご利用をお断りさせていただきます。

約款約款

約款

宿泊約款宿泊約款

第1条(適用範囲)
当ホテルが宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令または一般に確立された慣習によるものとします。
2 当ホテルが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申し込み)
当ホテルに宿泊契約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当ホテルに申し出ていただきます。

  1. (1)宿泊者の住所、氏名、年齢、性別、国籍及び職業
  2. (2)宿泊日及び到着予定時刻
  3. (3)宿泊料金(原則として別表第 1 の基本宿泊料による。)
  4. (4)その他当ホテルが必要と認める事項

2 宿泊客が、宿泊中に前項第 2 号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当ホテルは、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。

第3条(宿泊契約の成立等)
宿泊契約は、当ホテルが前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、当ホテルが承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。
2 申込金は、まず、宿泊客が最終的に支払うべき宿泊料金に充当し、第 6 条及び第 16条の規定を適用する事態が生じたときは、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額があれば、第 11 条の規定による料金の支払いの際に返還します。
3 第 2 項の申込金を同項の規定により当ホテルが指定した日までにお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。ただし、申込金の支払期限を指定する日に当たり、当ホテルがその旨を宿泊者に告知した場合に限ります。

第4条(申込金の支払いを要しないこととする特約)
前条第 2 項の規定にかかわらず、当ホテルは、契約の成立後同項の申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがあります。
2 宿泊契約の申し込みを承諾するに当たり、当ホテルが前条第 2 項の申込金の支払いを求めなかった場合及び当該申込金の支払期日を指定しなかった場合は、前項の特約に応じたものとして取り扱います。

第5条(宿泊契約締結の拒否)
当ホテルは、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。

  1. (1)宿泊の申し込みが、この約款によらないとき。
  2. (2)満室により客室の余裕がないとき。
  3. (3)宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公序良俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
  4. (4)宿泊しようとする者が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第 77 号)第 2 条第 2 号に規定する暴力団(以下「暴力団」という)、同条第 2 条第 6 号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という)、暴力団準構成員または暴力団関係者その他の反社会的勢力であるとき。
  5. (5)宿泊しようとする者が、暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき。
  6. (6)宿泊しようとする者が、法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの。
  7. (7)宿泊しようとする者が、泥酔者等で他の宿泊者や当ホテル従業員に著しく迷惑を及ぼす恐れがあるとき、及び他の宿泊者や当ホテル従業員に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  8. (8)宿泊しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  9. (9)宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、または合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  10. (10)天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。
  11. (11)当ホテルが所在する地方自治体で制定されている「旅館業法施行条例」の規定する場合に該当するとき。

第6条(宿泊客の契約解除権)
宿泊客は当ホテルに申し出て、宿泊契約を解除することができます。
2 当ホテルは、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部または一部を解除した場合(第 3 条第 2 項の規定により当ホテルが申込金の支払期日を指定してその支払いを求めた場合において、その支払いにより前に宿泊客が宿泊契約を解除したときを除きます。)は、別表第 2 に掲げるところにより、違約金を申し受けます。ただし、当ホテルが第 4 条第 1 項の特約に応じた場合にあっては、その特約に応じるに当たり、宿泊客が宿泊契約を解除したときの違約金支払義務について、当ホテルが宿泊客に告知したときに限ります。
3 当ホテルは、宿泊客が連絡をしないで宿泊当日の午後 10 時(あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を 2 時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。

第7条(私共のホテルの契約解除権)
当ホテルは次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。

  1. (1)第 2 条第 1 項の事項の明告を求めた場合において期限までにそれらの事項が明告されないとき。
  2. (2)第 3 条第 2 項の申込金の支払いを請求した場合において、期限までにその支払いがないとき。
  3. (3)第 5 条(3)から(11)までに該当したとき。
  4. (4)寝室での寝タバコ、消防施設などに対するいたずら、その他当ホテルが定める利用規則に従わないとき。

2 当ホテルが前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。

第8条(宿泊の登録)
宿泊客は、宿泊当日、当ホテルのフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。

  1. (1)宿泊者の住所、氏名、年齢、性別、職業及び国籍
  2. (2)外国人に当たっては旅券番号、入国地及び入国年月日
  3. (3)出発日及び出発予定時刻
  4. (4)その他当ホテルが必要と認める事項

第9条(客室の使用時間)
宿泊客が当ホテルの客室を使用できる時間は、午後 3 時から翌朝 11 時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。
2 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の利用に応じることがあります。この場合には追加料金を申し受けます。

第10条(利用規則の遵守)
宿泊客は、当ホテル内においては、当ホテルが定めてホテル内に掲示した利用規則に従っていただきます。

第11条(料金の支払い)
宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳及びその算定方法は、別表第 1 に掲げるとろによります。
2 前項の宿泊料金等の支払いは、日本の通貨または当ホテルが認めた宿泊券及びクレジットカードまたは電子決済により、宿泊の登録の際または当ホテルが請求したとき、フロントにおいて行っていただきます。
3 当ホテルが宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

第12条(当ホテルの責任)
当ホテルは、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、またはそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当ホテルの帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
2 当ホテルの宿泊に関する責任は宿泊者が当ホテルのフロントにおいて宿泊の登録を行ったときに始まり、宿泊者が出発するために客室をあけたときに終わります。
3 当ホテルは、万一の火災等に対処するため旅客賠償責任保険に加入しております。

第13条(契約した客室の提供ができないときの取扱)
当ホテルは、宿泊客に契約した客室を提供できないときは、宿泊客の了解を得て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。
2 当ホテルは、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設の斡旋ができないときは、違約金相当額の補償料を宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、客室が提供できないことについて、当ホテルの責めに帰すべき事由がないときは、補償料を支払いません。

第14条(寄託物等の取扱)
宿泊客がフロントにお預けになった物品または現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当ホテルは、その損害を賠償します。ただし、現金及び貴重品については、当ホテルがその種類及び価格の明告を求めた場合であって、宿泊客がそれを行わなかったときは、当ホテルは 5 万円を限度としてその損害を賠償します。
2 宿泊客が、当ホテルにお持込みになった物品または現金並びに貴重品であってフロントにお預けにならなかったものについて、当ホテルの故意または過失により滅失、毀損等の損害が生じたときは、当ホテルは、その損害を賠償します。ただし、宿泊客からあらかじめ種類及び価格の明告のなかったものについては、5 万円を限度として当ホテルはその損害を賠償します。
3 美術品、骨董品などの品物はお預かりできません。

第15条(宿泊客の手荷物または携帯品の保管)
宿泊客の手荷物が、宿泊に先立って当ホテルに到着した場合は、その到着前に当ホテルが了解したときに限って責任を持って保管し、宿泊客がフロントにおいてチェックインする際お渡しします。
2 宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物または携帯品が当ホテルに置き忘れられていた場合において、その所有者が判明したときは、当ホテルは、当該所有者に連絡をするとともにその指示を求めるものとします。ただし、所有者の指示がない場合または所有者が判明しないときは、発見日を含め 7 日間保管し、その後最寄りの警察署に届けます。また、消耗品や飲料、食品類に関しては処分する場合もあります。
3 前 2 項の場合における宿泊客の手荷物または携帯品の保管についての当ホテルの責任は、第 1 項の場合にあっては前条第 1 項の規定に、前項の場合にあっては同条第 2 項の規定に準じるものとします。

第16条(宿泊客の責任)
宿泊客の故意または過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該宿泊客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。

第17条(駐車場について)
宿泊客が当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車輌のキーの寄託の如何にかかわらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、車輌の管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理に当たり、当ホテルの故意または過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。なお、提携駐車場の場合、当該提携駐車場運営会社との定めに従うものとします。

第18条(支配言語について)
本約款は日本語で作成されています。英語、中国語、韓国語の翻訳文が添付されている場合がありますが、あくまでも参考に過ぎません。日本語の条項との不一致、相違がある場合は、すべて日本語の条項が優先されます。

第19条(専属的合意管轄)
宿泊契約及び本約款等の規約に関連する訴訟については、仙台地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第20条(約款の変更手続等)
当ホテルは、本約款を任意に変更または補充することができるものとします。
2 本約款の変更または補充は、改定後の本約款または補充約款を当ホテルの所定のサイトに掲示し、原則として当該掲示から30日間の周知期間を経て、当ホテルが定めた効力発生時期にその効力を生じるものとします。ただし、法令上の理由による本約款の変更については直ちに効力を生ずるものとします。
3 変更または補充された本約款に同意されないお客様は、当ホテルの利用を停止して頂きますようお願いいたします。

別表第1 宿泊料金等の内訳
     (第 2 条第 1 項、第 3 条第 2 項及び第 11 条第 1 項関係)
宿泊客が支払うべき総額 内訳
宿泊料金 基本宿泊料
追加料金 その他の利用料金
税金 消費税
(注)
1. 税法が改正された場合は改正された規定によるものとします。
2. ホテル所在地の自治体が宿泊税を導入している場合には、宿泊税を申し受けます。

別表第 2 違約金(第 6 条第 2 項関係)
契約申込人数 契約解除の通知を受けた日
不泊 当日 前日 9 日前 20 日前
一般
14 名まで
100% 100% 20% - -
団体
15~99 名まで
100% 100% 20% 10% -
団体
100 名以上
100% 100% 80% 20% 10%
(注) %は宿泊料に対する違約金の比率です。
2. 契約日数が短縮した場合は、その短縮日数にかかわりなく、1 日分(初日)の違約金を収受します。
3.団体客(15 名以上)の一部について契約の解除があった場合、宿泊の 10 日前(その日より後に申し込みをお引き受けした場合にはそのお引き受けした日)における宿泊人数の 10%(端数が出た場合には切り上げる。)にあたる人数については、違約金はいただきません。

プライバシーポリシープライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱い及びセキュリティーの確保に関するポリシー個人情報の取り扱い及び
セキュリティーの確保に関するポリシー

1.個人情報収集の目的
松月産業株式会社 ホテルグリーンチェーン(以下「当社」といいます)は、お客様のプライバシー・個人情報及び設定内容等を保護することは、当社が事業活動を行う上での責務と考えています。当社ウェブサイトからのお申込、お問い合わせ、申込書によるお申込、メール・電話によるお問い合わせを問わず、お客様から明示された特定の個人を識別できる情報(以下「個人情報」といいます)について下記のとおり取り扱うものとします。

2.個人情報の保護に関して

  1. 1.個人情報とはお客様を識別できる情報のことで、氏名、住所、電話番号、メールアドレス等をいいます。
  2. 2.当社が個人情報を収集する場合は、収集目的を明らかにし、必要な範囲内の個人情報を収集いたします。
  3. 3.当社は取得した個人情報について、取り扱う部門に管理責任者を置き、適切な管理に努めると共に個人情報の漏洩、改ざん、不正な侵入の防止に努めます。
  4. 4.当社は取得した個人情報を次の各項の場合を除いて、原則として第三者に提供、開示等いたしません。
    1. i.法律上照会権限を有する者から書面による正式な協力要請、照会があった場合
    2. ii.お客様の同意があった場合
  5. 5.お客様が、ご自身の個人情報について照会、修正等を希望される場合には、当社が定める方法によりお客様であることが確認できた場合に限り対応させていただきます。
  6. 6.当社は、当社が保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
  7. (2005年4月1日 制定)

3.個人情報の管理に対する社員教育
当社では、お客様から頂いた個人情報の管理をし、外部などへの漏洩などの不手際の発生を防止するため、法令順守の社員教育を徹底しております。

個人情報の利用目的個人情報の利用目的

1.個人情報のご提供をお願いする場合
ホテルグリーンチェーンでは下記の場合にお客様より個人情報のご提供をお願いしています。

  1. 1.インターネットによる弊社ホームページにてユーザー登録いただく際(詳細、利用目的は弊社ホームページ、利用規約をご参照ください。)
  2. 2.お電話やその他の方法によりご宿泊、レストラン等ホテル内施設のご予約をうけたまわる際
  3. 3.宿泊手続の際
  4. 4.各種アンケートにご回答いただく際
  5. 5.各種資料のご請求をいただく際
  6. 6.その他個人情報のご提供が必要な際(この場合はご提供いただく際、事前にその利用目的をお知らせいたします。)

2.個人情報の利用目的
ご提供いただきました個人情報は下記の目的に限り利用させていただきます。

  1. 1.予約、お申し込みのご確認
  2. 2.お客様にホテルからのご連絡
  3. 3.お客様のお問い合わせに対するご返信
  4. 4.希望されるお客様に対するご送付・ご案内
  5. 5.ホテルが提供するサービスにおけるお客様の特定
  6. 6.マーケティング及び商品開発のための統計調査(お客様個人を特定しての利用はいたしません。)

3.個人情報の第三者への提供
ご提供いただきました個人情報は、下記を除き第三者への提供はいたしません。

  1. 1.お客様の同意をいただいた場合
  2. 2.法令に基づく場合
  3. 3.人の生命、健康、財産等の重大な利益を保護するために必要な場合
  4. 4.公的機関より法律に基づく権限による開示請求があった場合
  5. 5.適切な保護処置を講じた上で、個人情報のデータ処理やコンピュータシステムの保守、管理等に必要な業務を委託する場合

情報開示体制について個人情報の利用目的

お客様相談窓口
お客様の個人情報に関するお問い合わせ、情報内容の訂正・追加または削除、利用の停止をご希望されるお客様は下記のお客様相談室までお問合せください。

〒980-0021
城県仙台市青葉区中央2-6-8 松月産業株式会社
【個人情報相談窓口】
TEL:022-225-8001
(受付時間 平日10:00~12:00/14:00~17:00)

情報開示手続き
当社はご本人からの求めにより、以下の方法でご本人の個人情報を開示させていただきます。

  1. 1.お客様より情報開示のお申し出の際に、・ お名前・住所・電話番号・ 当社との取引のあった時期・内容(対象ホテル名等)を確認させていただきます。
  2. 2.当社とのお取引の事実を確認後、現住所に当社より情報開示の申込書を送付いたします。必要事項をご記入の上、本人確認書類と手数料を同封のうえお申込みください。
  3. 3.本人確認書類は、公的証明書(運転免許証のコピー・住民票等)、のご提出をお願いします。
  4. 4.お客様より情報開示の申込書到着後、原則として2週間以内に、書面にて返送いたします。
  5. 5.情報の開示については、業務の遂行上支障があると判断される場合は制限させていただく場合がございます。
  6. 6.情報の訂正、利用停止につきましては、情報の開示手続きと同じ書面でのお申込により受け付けます。

サイトポリシーサイトポリシー

サイトポリシー

ホテルグリーンチェーン仙台サイトhttp://www.bh-green.co.jp/(以下、当サイト)は、松月産業株式会社(当社)またはその代理人にて運営しています。
当サイトのご利用にあたりましては、 下記の事項をお読みいただき、ご同意の上でご利用下さい。
ご利用いただいた場合、 下記の諸条件すべてにご同意をいただいたものとさせていただきます。
本利用規約は予告なく変更することがございます。必ず最新情報をご確認下さい。

サービス内容の変更について
当サイトは、予告なしに当サイト上で提供するサービスの内容の変更を行うことがあります。 また、保守作業やシステム障害、その他の理由により、予告なく一時的または長期的に当サイトの全部または一部の運営を中止することがあります。
著作権について
当サイトに掲載する情報及びサービス内容の著作権は、原則として当社に帰属します。
社に無断で情報を他のWEBサイト、印刷物などに転用するなどの行為はご遠慮下さい。]

免責事項について
当サイトに掲載している情報について当社は細心の注意を払っておりますが、お客様の当サイトのご利用によって生じたあらゆる損害について、一切の責任を負いません。
当サイトの保守作業やシステム障害、その他の理由によりサービスが中断し利用者が損害を受けた場合においても、当社は一切の責任を負いません。

個人情報保護方針
当サイトでは、予約やお問合せ、会員登録などの手続きの際にお客様の個人情報を入力していただき、データベースに登録しております。 ご登録いただきました情報は、ホテルグリーンチェーン仙台が今後も良質なサービスをご提供するために使用させていただき、それ以外の目的に使われることはありません。
個人情報保護に関してはこちらをご覧下さい。

ご利用環境について
推奨ブラウザ
当サイトの閲覧は、Microsoft Internet Explorer6以上、Netscape Communicator7以上のブラウザを推奨致します。
上記以外のブラウザをお使いの方は、レイアウトや機能が正しく表示されない場合がございます。
Flashについて
当サイト上では、一部のページでFlashを使用しています。Flashのページをご覧いただくためには最新のAdobe Flash Playerのプラグインが必要です。 プラグインをお持ちでない方は下記からダウンロードしてください。
Adobe Flash Playerをダウンロードする
Javascriptについて
当サイトでは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでJavascriptの設定を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されない場合がございます。
ご覧になる際にはブラウザ設定でJavaScript を有効にしてください。
クッキー(Cookie)について
当サイトでは、一部のページでクッキー(Cookie)を利用しております。
お客様はクッキー(Cookie)
受取を拒否することができますがこの場合、一部のページをご利用できない場合がございます

リンクについて
当サイトへリンクを希望される場合は、リンク元サイトの運営主体、リンクの目的、リンク元のページURLなどを事前に当社へご連絡下さい。
リンク先は原則として当サイトのトップページにお願いいたします。
場合によっては、リンクをお断りすることがございます。
また、当社は、当サイトからリンクしている他のサイトのコンテンツに関して一切の責任を負いません。

当サイトに関するお問合わせについて
お問合わせフォームよりお問合わせ下さい。
リンク希望の方もこちらからお願い致します。

ページのトップヘ